バイト先での珍体験

私の出身は、四国地方の主要都市ではなく、田舎です

★ 43歳 男性
私の出身は、四国地方の主要都市ではなく、田舎です。
高校を卒業して進学しましたが、当時、県庁所在地に在住しました。
同一県内でも言葉が異なっており、私の話す言葉は、よく「なまっている」と言われていました。

学生時代、スキー用品店でバイトをしていましたが、この時に接客を中心にスキー用品を販売しました。
お客様と話す際は、丁寧な言葉遣いにすることは当たり前ですが、私の言葉がなまっているため、時々、お客様に通じない時があり、皆から笑われたりしたものです。

その一例ですが、スキーブーツをお客様に履いてもらった際に、大きくてゆるい場合に、「ダスイですか?」と質問したところ、お客様が「えっ」とおっしゃり分からなかったため、他のバイトさんに聞きなおしてもらったことがあります。私もなまった言葉を言わないように気をつけているつもりでしたが、思わず出てしまうことが時々あり、恥ずかしい思いをしました。

同一県内でも、言葉になまりのある地方は、日本全国にたくさんあると思われますので、田舎から出てこられた方は克服しなければならないものです。

おすすめ!