バイト先での珍体験

私は学生の時、酒屋でアルバイトをしていました

★ 54歳 女性
私は学生の時、酒屋でアルバイトをしていました。
夏休みのバイトですが、お歳暮の宅配のバイトでした。

家の主の名前が書かれた個別の地図帳を会社から渡され、それを見て配るのです。
私がバイトをしていたところは、高瀬と言う姓が物すごく多いところなのです。
そこで、高瀬一郎と言う姓の家への宅配があったのです。
これはタカセイチロウと読みます。伝票の上には、電話番号が書かれています。それと番地も書かれています。高瀬一郎と言う名前の家は、元々知っていたので、伝票をよく見ず配ったのです。

そうしたら、後で間違っていると電話があったのです。
同じ町のすぐ近所に、同姓同名の方がいたのです。
漢字も同じなのです。
番地もほとんど同じなのです。
まさか、同姓同名の人が同じ町に二人もいるとは考えてなかったので、それほど注意せず配ってしまったのです。
もし、同姓同名が同じ町にいることを知っていれば、電話番号と番地で確認したのですが、考えもしなかったので間違ってしまいました。

同姓同名が同じ町内にいるのには驚きました。