バイト先での珍体験

学生の頃に勤めていたラーメン店での出来事です

★ 30歳 女性
学生の頃に勤めていたラーメン店での出来事です。

毎週の土・日のみの週末バイトだったので、お昼時はとっても混雑しているのです。
お昼が過ぎ、人足が緩くなった頃に、慌しく自動ドアから入ってきたおじさんが居ました。
お腹が空いて慌てているのかと思いきや、ラーメン屋の店主に「近くの森で人が倒れているので、救急車の連絡をして欲しいとの事」。田舎にあるラーメン店なため、近所には森林が至る所にあるのですが、国道沿いなので人通りも激しい場所にラーメン店は存在します。
慌てて店主と奥さんが森へ行ってみると、おじさんが言っていた通り、本当に人が倒れていたのだそうです。
しかも大き目の用水路にうつぶせになった状態です。
救急車はすぐに来てくれたのですが、残念ながらその方は亡くなっていました。
事故なのか病気なのか分かりませんが、やはり近所で人が死ぬという事は嫌でした。

生まれて始めて人が死ぬ場所に遭遇し、しかも血相を変えて走ってきたおじさんも、気が付けば何処か居なくなっていました。
第一発見者として事情を聞きたかったみたいですが、消息不明になったので、ラーメン店の店主に事情聴取をしていました。
今となっては「もしかして事件では?」と謎が残るばかりです。

おすすめ!